カモシカのキャラクター画像

Japanese
English
お知らせ 装飾画像 吹き出し

ニホンカモシカ保護管理事業計画案に対する大分県民意見の募集について

祖母・傾・大崩ユネスコエコパークを象徴する動物といえばニホンカモシカですが、現在その数を大きく減らしています。特に大分県内では令和元年の調査で17頭程度と推定され、エコパークの核心地域からはほとんどいなくなってしまうという危機的な状況です。
そこで大分県では、カモシカの絶滅を防ぎ今後もエコパークの象徴であり続けられるよう、県の条例に基づいた「保護管理事業計画」の策定を検討しています。
現在、計画案に対して県民の皆様からご意見を募集しています。計画案本文や概要、募集書類は県ホームページ(www.pref.oita.jp/soshiki/13070/kamoshika-pb.html)から入手できます。

【県民意見の募集方法】
ご意見は、住所、氏名、電話番号を明記の上、下記の宛先までお寄せください。(住所、氏名の記載がない場合は受付できません)。
・郵送の場合:〒870-8501 大分市大手町3丁目1-1 大分県生活環境部自然保護推進室自然保護班
・ファクシミリの場合:097-506-1749 大分県生活環境部自然保護推進室自然保護班
・電子メールの場合:a13070@pref.oita.lg.jp
【募集期間】
令和4年3月15日(火)まで(必着)

なおカモシカを見かけた方は、日時や場所等と、撮影していれば画像も添えて「大分カモシカ情報ホットライン(www.pref.oita.jp/site/bunka/capricorniscrispus.html)」または大分県自然保護推進室(メール:a13070@pref.oita.lg.jp)までお知らせください。メールの場合、目撃地点の大分県内外は問いません。

お問合せ先
大分県生活環境部自然保護推進室
電話:097-506-3022

※見出し写真:平成30年・令和元年度九州山地カモシカ特別調査より

ページトップへ