カモシカのキャラクター画像

Japanese
English
お知らせ 装飾画像 吹き出し

祖母山など登山口アクセスへの台風の影響

先日の台風14号の影響で、祖母山・傾山・大崩山などエコパークエリア内の主要な登山口に自動車でアクセスできなくなっています。11月8日現在、利用できないことが確認されている登山口は以下のとおりです。アクセス可能な登山道も多数の倒木や崩落があり、踏み跡が不明瞭になっている場所があると想定されます。

〇祖母山
 ・尾平登山口(川上渓谷)まで普通乗用車は通行可能です。宮原コース、黒金尾根コース、尾平越まで
  のコースの現況は不明です。緒方駅から出る豊後大野市コミュニティバスは上畑から先は運休中で、
  登山口最寄りの尾平鉱山バス停へ行きません。尾平から高千穂方面の県道7号は車両通行止めです。
 ・北谷登山口は通行可能です(崩落場所は鉄板敷)。神原からの本登山道、北谷からの千間、風穴コー
  スは通行可能です。登山者の情報によると小松尾根も通行可能とのことです。
〇傾山
 ・黒仁田登山口:通行可能ですが車高の高い4駆推奨です
 ・冷水登山口:倒木のため利用不可
 ・官行登山口:落石のため利用不可
 ・西山登山口:登山口手前1キロで土砂崩れのため通行不可
 ・杉ヶ越登山口:大分・宮崎両県から通行可能
 ※九折登山口(豊栄鉱山)から三ツ尾(水場・坊主尾根)コース、上畑コースは通行できます。九折越の
  分岐から下って10分ほどの場所に大きな倒木(写真)があり登山道をふさいでいます。根元に迂回す
  る踏み跡がありますが、谷側に滑りやすくなっています。元の登山道の方が歩きやすいものの、倒木を
  乗り越えた場合は飛び降りる必要があり、どちらにしても注意が必要です。坊主尾根は落ち葉でルート
  が不鮮明な場所があります。目印のテープを確認し進んでください。なお3月までは豊後大野市コミュ
  ニティバスを利用する日帰り登山は難しいです。
 ※登山者の情報によると、冷水、官行コースともに登山道は通行できるようです。登山口まで徒歩になり
  ますので、10時間以上はかかります。
〇大崩山
 ・宇土内谷登山口:林道崩壊のため車両通行止め
 ※湧塚・坊主尾根コースを地元団体が整備してくださっています。ルート変更や今後も崩落の恐れがある
  箇所があります。大崩に入山経験のない方は経験者の同行が必要です。同コースの渡渉を避ける坊主尾
  根林道が崩壊しエスケープルートは消滅しました。雨天時の入山はお控えください。詳細はNPO法人
  ひむか感動体験ワールドのフェイスブックをご覧ください。
〇古祖母山
 ・尾平越登山口:宮崎県側からはアクセス可能。大分県側は車両は尾平鉱山まで。
〇鹿納山
 ・宇土内谷登山口:林道崩壊のため車両通行止め
〇五葉岳
 ・大吹登山口:仲村橋から1km地点で崩土・落石のため当分の間通行止め
〇夏木山、木内山岳
 ・夏木新道、犬流、木内山岳登山口:木内山岳登山口(観音滝入口)まで通行可。その先は車両通行止め
〇新百姓山
 ・杉ヶ越登山口:大分県・宮崎県側からアクセス可能
ページトップへ