カモシカのキャラクター画像

祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの取組 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの活動理念

尖峰と渓谷が育む森と水、いのちの営みを次世代へ ~自然への畏敬をこめて~

祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの取組

尖峰と渓谷が育む森と水、いのちの営みを次世代へ ~自然への畏敬をこめて~

 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークでは、登録を契機として、この地域の豊かな自然環境のほか、自然への畏敬の念とともに発展を遂げてきた人々の営みを、しっかりと次世代へ継承していくことを目指します。

取組の基本方針

取組の基本方針
祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク

基本方針1貴重な生態系の
持続的な保全

① 調査研究の推進による保全機能の充実
② 地域住民主体の保全活動の推進

基本方針2学術的研究や調査・
研修への支援

① 学術研究体制の構築による調査研究の推進
② 地域との連携によるESDの推進
③ 国内外の課題解決のモデルとしての貢献

基本方針3自然と共生した
持続可能な発展

① 時代に即した持続的利活用による地域の発展
② 次世代の担い手の確保、育成

 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークでは、3つの機能を十分に発揮するため、上記の基本方針に沿った取組を、関係機関が一体となって進めています。

ユネスコエコパーク登録までの流れ
祖母傾山系エコフィールドのイメージ
ページトップへ