祖母傾山系の自然的特徴①

急峻な山と深い渓谷

 急峻な山岳地形と雄大な稜線美で知られる祖母傾山系は、起伏に富んだ岩峰群や切り立った崖、谷あいを走る幾筋もの渓谷など、複雑な地形地質をもち、四季折々で表情を変えるその独特な景観が、訪れる人々を魅了します。

※ 写真をクリックすると拡大します。

天狗岩から見た祖母山

天狗岩から見た祖母山

竹田市、豊後大野市、
高千穂町

川上渓谷

川上渓谷

豊後大野市

傾山

傾山

佐伯市、豊後大野市、
日之影町

見立渓谷

見立渓谷

日之影町

大崩山

大崩山

延岡市

雪の祖母山

雪の祖母山

竹田市、豊後大野市、
高千穂町

神原渓谷

神原渓谷

竹田市

観音滝

観音滝

佐伯市

江内戸の景

江内戸の景

豊後大野市

藤河内渓谷

藤河内渓谷

佐伯市

原尻の滝

原尻の滝

豊後大野市

岩戸の景観

岩戸の景観

豊後大野市

国見ヶ丘からの雲海

国見ヶ丘からの雲海

高千穂町

名勝天然記念物 高千穂峡

名勝天然記念物 高千穂峡

高千穂町

日之影町の風景

日之影町の風景

日之影町

矢筈岳と比叡山

矢筈岳と比叡山

延岡市、日之影町

幅広い植生と希少性

 標高が高く原生的な天然林が多く残された祖母傾山系では、山の高さに応じ、暖温帯から冷温帯までの幅広い植生を見ることができます。また、特別天然記念物のニホンカモシカや、日本列島の成り立ちを表すとされる「ソハヤキ要素」の植物など、限られた地域にしか生育・生息しない希少な動植物が数多く存在する貴重な地域です。これら希少な動植物は絶滅の危険性にさらされており、分布地域の環境を大切に守っていくことが必要です。
※ソハヤキ要素:日本列島のうち、古くから陸地であった紀伊、四国、九州の山地帯に共通して分布する日本固有種のこと。

ニホンカモシカ

ニホンカモシカ

キレンゲショウマ

キレンゲショウマ

ソボサンショウウオ

ソボサンショウウオ

ブナの巨木

ブナの巨木

オオムラサキ

オオムラサキ

ツクシアケボノツツジ

ツクシアケボノツツジ

無斑アマゴ(イワメ)

無斑アマゴ(イワメ)

ホシガラス

ホシガラス

ウバタケギボウシ

ウバタケギボウシ

ルリビタキ

ルリビタキ

ツチビノキ

ツチビノキ

ゴマシジミ

ゴマシジミ

アカマツ林

アカマツ林

ツガ林

ツガ林

ヒメコマツ林

ヒメコマツ林

ブナの原生林

ブナの原生林

ヒトのキャラクター画像
ページトップへ